紙やすりしか入っていない道具箱

しようもないブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スーパーのカートの幼児入れ

夏も本番となり厳しい暑さとなりました。
これからもこのような暑さが続くと思うと気が滅入ってしまい非常に感傷的な気持ちにさせてくれます。
今日は久々のお休みなこともあってドンキホーテでウイスキーを品定めしてました。
しかしさすが底辺の巣窟ドンキホーテ
そこはまるで幼稚園の頃の教室に戻った気分でした。
入店早々かわいらしいお子様2人が追いかけっこをして前を横切り
素敵なお出迎えをしてくれて殺意が沸きました。
次に私がウイスキーを定めているとリア充君の群れたちがチューハイを沢山買っていく姿が見えました。
なんとなく私は手に持った瓶で彼らの頭をカチ割りたい衝動に駆られましたがここは堪えて
見過ごす事にしました。
人間誰しも心に闇を抱えているものですね。
そして、レジは買いだめしてるおば様の前に並んでしまい時間をかなりとられてしまい怒りで前が見えなくなりました。
そして、帰るときさっきのリア充君の群れたちが入り口でたむろしており通行の妨げになっており
折角買ったタリスカーをお釈迦にするところでした。

よくよく考えたら安さの殿堂とのたまわる割にそこまで安く品揃えだけが取り柄だなと思いました。

明日はアルバイトです。
素敵な素敵な糞共を相手しなくてはならないと考えると楽しくて楽しくて仕方が無いです。
スポンサーサイト

| 現実 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://moukaeryuu.blog116.fc2.com/tb.php/919-13957368

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT